風俗店に向かうまえにチェック!風俗体験談は必読。

風俗テクニック

まんま恋人同士でしたよ

まんま恋人同士でしたよ

恋人同士のような時間を過ごす事が出来るっていうのが自分がよくデリヘルを利用する理由なんですよ。まんま恋人同士。そんな時間っていうのはそうそう味わう事が出来ないと思うんですけど、デリヘルであればそれも簡単というか。むしろデリヘルってプライベート感があるじゃないですか。その日はホテルの前で待ち合わせ。そこに来たのは美紀という女性。そして一緒にホテルに入って部屋を決めて…っていう流れはまんま恋人同士みたいで良いですよね。エレベーターに入った瞬間からディープキスが始まってしまったのはそれだけ美紀がいい女だったからですけど。そして部屋に入っても部屋の施設を見たりまったりしつつ、一緒にシャワーを浴びて。シャワーもお店だと狭かったりしますけど、ホテルだから広いですもんね。レインボーの湯船に入って楽しんだあと、七色のテクニックを持っているんじゃないかというくらい素晴らしい美紀のテクニックを満喫する事が出来ました。

敏感さんなのかリアクションがすごくいいんですよ。

敏感さんなのかリアクションがすごくいいんですよ。

気になるヘルス嬢が在席ということで、TELで予約を行う。時間の30分前に確認のTELを入れ、無事に10分前に入店しました。見た目怖そうなおスタッフが出てきたので、予約していることを伝えると意外にも優しく応対してくれました。オーダーボックスシートに記入しながらウェイティングルームで待つこと5分。プレイルームに案内され、注意事項の説明を受けます。相手の女の子は、最初は目隠しを付けているので顔は分からないが、なかなかの美人さんであることはわかります。あとで目隠しを外すと、写真ではもっと清純な感じだったが実際はちょっと派手目な感じでしたね。でも、全く許せる範囲なのでオッケーでした。まぁ、どこのお店でも同じだけど最近の写真は良く撮れてますからね。プロフィールも実際に女の子の雑談を聞くと、年のころと3サイズはちょっとさば読んでる感じかな、なんて言ってましたから。プレイルームに入るとオーダーボックスシートに記入した通り、立ちバックの状態で、目隠しと手かせを付けた格好で待っていました。後ろからおケツやおっぱいなど体中をいじると敏感さんなのかリアクションがすごくいいんですよ。

おもてなしのおかげで大満足

おもてなしのおかげで大満足

ソープが好きです。まぁ本番がって話ではあるんですけど、それと同時に非日常感とでも言うのか、おもてなし感ですよね。自分がよく行くのは五反田のソープ。ビジュアルという点でもそれなりのレベルだとは思うんですけど、自分がそのお店の弥生を気にいってるのは美人とか可愛いって部分はもちろんですが、それ以上にこちらを満足させようって気持ちがとても強いからです。プレイそのものももちろんですけど、ちょっとしたケアというか、絶頂まで行った後も笑顔で話しかけてくれたりとか、「凄い気持ちよかったよ」とかこちらまで褒めてくれるんですよ。それってお世辞だとしても男からするとやっぱり嬉しいものですから。それに肌と肌の密着感というか、やっぱり舐めてもらうだけよりも肌同士がかなり密着しますから安心感とか、包まれている感みたいなおのもあって自分はソープが一番です。発射した後は賢者モードじゃなくて、仏モードというか、幸せだなって思いますから。

【PR】
風俗情報